ここから本文です

極楽とんぼ、復活ライブ延期でファンへおわびのフリートーク1時間20分

スポーツ報知 9月4日(日)5時3分配信

 極楽とんぼの山本圭壱(48)、加藤浩次(47)が3日、札幌市の「PENNY LANE24」で10年ぶりに復活ライブを披露するはずが、台風10号の影響で陸送した舞台セットや衣装などが届かず、10月23日に延期となった。2人は謝罪がてら舞台に登場、1時間20分にわたって無料でトークを繰り広げた。

 小樽市出身の加藤にとっては故郷に錦、函館市で不祥事を起こして芸能活動を休業した山本にとってはみそぎとなる北海道での復活舞台。2時間にわたって得意のコントを披露するはずだった。

 加藤は「俺たちって、何でこんなふうになっちゃうんだ。これが業なのか…」とぼやくと、山本が深々と頭を下げて「すみません」としょんぼり。すると加藤から「いや、今回ばかりは山本のせいじゃないよ! 反省するトコじゃないから」と間髪入れず突っ込み。10年のブランクを感じさせない絶妙な間。満員の200人の観客から笑い声が巻き起こった。

 7月30日にフジ系「めちゃ×2イケてるッ!」の特番で山本が10年ぶりに全国地上波に出演した直後から、2人は公演に向けてコントの練習を開始。1か月半、1日平均5~6時間、延べ250時間、みっちりと稽古を行ってきた。山本の関係者は「ライブでは平気な感じでしたが、実際は相当ガックリしてました。小道具にまでこだわってましたから」と話した。

 極楽の単独でのライブは01年以来15年ぶり。トーク中、客席から「お帰り」の声が飛び、観客の1人から花束も手渡された。加藤は「これから謝罪ライブで全国回って、ちょっとずつ2人でやる仕事を増やしていきたいので応援してください」と真剣な表情。2人で深々と頭を下げ、大きな拍手を浴びていた。

 全国14か所を回るライブは仙台、広島などを経て、10月23日に札幌に戻る。

 ◆極楽とんぼの主なトーク

 加藤「お前、本当に変わってないなあ」

 山本「緊張もしてないね」

 加「そういう感じが反省してないように見られるんだよ。そういやこの前の『めちゃイケ』での復帰んときスゴイと思った。(スタッフから2人で)ケンカしてって言われたから始めたけど、お前は久々なのによくできたよなぁ」

 山「あの時はすごいみんなにヘコまされたあとだったから、どう終わればいいんだろうと思ってた。すぐスイッチ入ったから」

 加「カープといえば山本さんじゃないですか。ペナント中の試合前、普通にベンチ入ってたもんね」

 山「山本浩二監督のときの開幕試合ね。選手とハイタッチして、試合直前に監督に『もうそろそろ』って言われて出た。今は黒田、ジョンソン、野村が柱でね」

 加「黒田以外分かんないよ、俺。じゃあ、今回の延期分、10月23日にもう一回ここでやります。決定です」

 山「その日、日本シリーズ第2戦で広島出るんで…。スミマセン」

 加「マジか!」

 山「わかりましたよ、心を鬼にして来ます!」

最終更新:9月4日(日)5時3分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。