ここから本文です

竜ドラ1・小笠原がプロ初勝利 森監督代行「心臓に毛が生えてる」

東スポWeb 9月4日(日)18時41分配信

 中日のドラフト1位・小笠原慎之介投手(18=東海大相模)が4日の巨人戦(東京ドーム)で、先発登板9度目にして待望のプロ初勝利を挙げた。

 初回に坂本に先制の20号2ラン、2回に小林誠に適時打を許し、序盤に3点を失ったが、尻上がりに調子を上げて3回以降はゼロ行進だ。結局、プロ最長タイ7回を6安打3失点。10奪三振、127球もプロ最多となり、強力G打線をねじ伏せた。

 ウイニングボールを手にした小笠原は「うれしいのひと言です。気持ちが折れそうになったけど、粘って投げられた」と満面の笑み。高卒ルーキーでは両リーグ通じて白星第1号に「ずっと意識してました」と、してやったりの表情も浮かべた。

 初登板から3か月以上、中継ぎを含めて12度目の登板でやっとつかんだ白星だが「長かった? 僕の中では毎試合毎試合、成長していたので短く感じた。順調といえば順長です」と強気な面ものぞかせる。

 チームは今季初の6連勝。この勢いに乗った昨夏の甲子園優勝左腕に森監督代行は「3回以降、点をやらなかったことが大きかった。今までは連敗で登板していたけど、今回は連勝中だったし、心臓に毛が生えてると思うんでね。球数は増えていたけど、どっかの球場(甲子園)で500球も600球も投げていたんだから」と独特な表現でねぎらった。

最終更新:9月4日(日)18時41分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]