ここから本文です

県合唱コンクール新設の小学校 1位 大島 2位 薫

福島民報 9月4日(日)10時18分配信

 第70回県合唱コンクール2日目の3日は福島県いわき市のアリオスで小学校部門と中学校部門前半が行われた。小学校部門は県合唱連盟創立70周年を記念して今回新設され、初の金賞・1位に大島、金賞・2位に薫が選ばれた。両校は来年1月28日に郡山市民文化センターで開催される県合唱連盟70周年記念式典に招待され、演奏を披露する。
 県合唱連盟、県、県教委などの主催。小学校部門には15団体が出場。大島は「世界はつながりながら回っている」、薫は「空のうた」を歌い、伸びやかなハーモニーを響かせた。
 中学校部門前半は40団体が出場した。審査委員長の浅井敬壹全日本合唱連盟名誉理事長らが審査した。
 最終日の4日は中学校部門後半に27団体、大学職場一般部門に11団体が出場する。
 小学校部門の成績は次の通り。
 ▽金賞=大島、薫、緑ケ丘一、朝日が丘、高坂
 ▽銀賞=平三、船引、中央台南・東、開成、橘
 ▽銅賞=富田東、塩川、平一、松長、柴宮

■全部門整う

 小学校部門新設により、県合唱コンクールは一般まで全ての部門が整った。菅野正美県合唱連盟理事長(全日本合唱連盟副理事長)は「生涯にわたって合唱に親しめる環境づくりの第一歩が踏み出せた。童声ならではの明るいハーモニーが素晴らしかった」と振り返った。

福島民報社

最終更新:9月4日(日)11時1分

福島民報