ここから本文です

母国への愛情を忘れないヴェッラッティ 「PSGを離れる日が来たら…」

GOAL 9月4日(日)3時43分配信

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティは、母国に強い愛情を持っているようだ。

23歳のヴェッラッティは、2011-12シーズンにペスカーラでブレイクすると、2012年夏にPSGへ移籍した。それ以降フランスで活躍を続けているが、次の舞台があるとしたらイタリアだという。

ヴェッラッティが記者会見で次のように語った。

「パリで問題なくやっている。できる限り長くいるつもりだよ。いつか、PSGを去る日が訪れたら、イタリアに戻りたい。その希望を隠すつもりはないよ。もちろん、今は考えていないけどね」

FWマリオ・バロテッリがニースに加わったことについても問われている。

「彼がフランスに来たことはうれしいね。ニースは再スタートに適した場所だと思うよ」

GOAL

最終更新:9月4日(日)3時43分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報