ここから本文です

“育成の星”千賀12勝目でソフトバンクM19!08年の巨人・山口超えた

デイリースポーツ 9月4日(日)9時0分配信

 「楽天1-7ソフトバンク」(3日、コボスタ宮城)

 勝利は間違いない。それでもマウンドでのソフトバンク・千賀の表情は暗かった。7点の大量リードをもらっていた九回だ。連続四球をきっかけに無死一、三塁のピンチを招くと、ペゲーロの遊ゴロの間に失点。自身初の完封勝利は、目前で逃げていった。

 9回を被安打5の1失点。4月13日の西武戦以来2度目の完投勝利だが、この時も完封目前の九回に失点。それだけに「完封を狙っていったんですが…。前にも同じことがあったので、またかと」と首を横に振った。

 快調にスコアボードに「0」を並べていた。力のある真っすぐを軸に、好調な楽天打線を抑え込む快投。「(相手先発安楽も)ゼロを続けていたので自分も続けないといけないと思った」。135球に足りないものは、九回のゼロだけだった。

 シャットアウトこそ逃したが、12勝目は名実ともに“育成の星”となる1勝だ。育成入団選手としては2008年の巨人山口がマークした11勝を上回った。「そんな大きなことは言えない。少しでも刺激を受けてくれたらうれしい」。右腕は、これから続く育成選手にエールを送った。

 工藤監督は「相手もゼロで終わりたくないから、気合を入れてやってくる。そこに負けないように」と次に期待した。千賀の活躍で、マジックも自力で減らし、「19」とした。

最終更新:9月4日(日)9時5分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]