ここから本文です

トッテナム加入のムサ・シソコ 「移籍する必要性があった」

GOAL 9月4日(日)4時13分配信

フランス代表MFムサ・シソコは、移籍市場の最終日にニューカッスルからトッテナムへ移籍した。それでも、古巣への愛情は今後も変わらないという。

ムサ・シソコは、ニューカッスルから移籍するという決断が「必要だった」と主張。自身の『インスタグラム』で、次のようにつづった。

「みんなが知っているとおり、僕は新しい挑戦を始める。難しいことだけど、トッテナムに移籍することを決めた。この選択は、必要性があったんだ」

ムサ・シソコは、2部に降格したクラブがすぐにかつての栄光を取り戻すと信じている。

「この決断は、ニューカッスルファンを悲しませ、がっかりさせるものだろう。ただ、みんなのことを忘れないということは覚えていてほしい。僕はクラブのため、いつも気持ちを込めてプレーした。セント・ジェームズ・パークでのあらゆる試合の雰囲気を楽しんだ。ニューカッスルでの生活は気に入ったし、イングランド北部の寒さとは対照的な暖かみを感じることができた」

「降格は街全体にとって痛恨だった。すぐにでもトップレベルに戻ってくることに疑いはない。個人的に、ニューカッスルで過ごした3年冠は忘れられない。決して忘れないだろう。ずっと僕のハートに残り続ける。みんな、ありがとう!」

ニューカッスルは2部チャンピオンシップで第5節まで消化して、3勝2敗の4位につけている。

GOAL

最終更新:9月4日(日)4時13分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合