ここから本文です

新たな伝説フェスの誕生か 野外ライブイベントBAYCAMPの前夜祭がガラガラと話題 参加者は「神イベント」

ねとらぼ 9月4日(日)17時47分配信

 9月2日に東扇島東公園(神奈川県川崎市)の特設会場で開催された野外ライブイベント「BAYCAMP 2016」の前夜祭が、観客が少なすぎたとネット上で話題になっています。

【すごかった出演者の顔ぶれ】

 イベント入場開始の時間前からすでに、早めに到着した人からは「1時間前なのに閑散としてる」「ドッキリなんじゃないかってくらい人がいない……」と心配する声が上がり、スタートする20分前になってもその状態は変わらず。中にはカオスっぷりが話題になった淡路島のアイドルフェスと比較する人も。

 オールナイトイベントのため遅めの19時入場で、20時から「ZAZEN BOYS」がスタート。ライブが始まっても人数は相変わらずだったようで、ボーカルの向井秀徳さんからも「客席に空きが見られるけどみんな見たいドラマでもあるのかな?」というMCがあったとのこと。その後も「RHYMESTER」「eastern youth」と続いていく中で、どの出演アーティストも“客が少ない”ことをネタにMCをする展開に。

 客数は少ないながらも、フェスが進行していく中で出演者・参加者ともに楽しむ様子がツイートで多く見られ、「サイコー」「こんな快適なフェスはないぞ」「神イベント」という声も上がるほどに。イベント公式Twitterも、ライブ中の客席の写真とともに「最高のお客さん!」と投稿しています。

 開催前からTwitter上で「BAYCAMP前夜祭のメンツ…凄まじすぎますね…」という声も見られているように、決して“人が来ない前提”で開催されたはずはないこの前夜祭。当日になぜ人がここまで集まらなかったのか直接の原因は不明ですが、今年で5周年になる「BAYCAMP」史上、今回が初めての前夜祭(2DAYS)開催だったというのがあったのかもしれません。

 結果的に当日参加した人にとっては、恐らく多くの人が“当たり”となった印象があるこの前夜祭。今後伝説のフェスの1つとして名前が挙げられるのは間違いなさそうです。

最終更新:9月4日(日)17時47分

ねとらぼ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。