ここから本文です

張本勲氏、審判に喝「下手になった」

デイリースポーツ 9月4日(日)9時31分配信

 野球評論家の張本勲氏がプロ野球の審判団に“喝”を入れた。4日、レギュラー出演している報道番組「サンデーモーニング」(TBS系)のスポーツコーナーで、2日に行われたヤクルト-広島で、エルドレッドがVTRでははっきりと空振りしているにもかかわらず、ファウルと判定されたシーンを紹介。「最近は下手になった」となげいた。

 取り上げたのは、エルドレッドがヤクルト・松岡投手の変化球に空振り三振に倒れたかに見えた場面。VTR上ではバットにボールは当たっていないが、球審はファウルと判定し、審判団の協議を経ても判定は覆らなかった。

 張本氏は「私は日本の審判は世界一だと毎年言っているんだけど、最近はヘタになった」とレベルが低下したのではないかと意見を述べた。判定の経緯として、ボールの位置はキャッチャーの死角に入る球審が判断を誤ることは「分からなくもない」としたが、「塁審はしっかり見てるんだから」と協議を経て正しい判定を下すべきとした。さらに、「球審が先輩なら文句は言えないんですよ」と、審判団の人間関係が判定を左右する可能性も指摘した。

 結果的にヤクルトは2-5で敗戦。この時、塁に出たエルドレッドの代走・赤松が広島の5点目となるホームを踏んでおり、試合の流れを左右する1点になった。張本氏は「体をかけている選手はたまったもんじゃない」と選手を思いやっていた。

最終更新:9月4日(日)9時34分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。