ここから本文です

香川真司、別メニューは「問題ないです」「タイ戦に集中したい」/ロシアW杯アジア最終予選

GOAL 9月4日(日)5時48分配信

日本代表は9月3日、ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選第2戦のタイ戦(同6日)へ向けて現地で調整を行った。

2日の練習では別メニューとなっていた香川真司だが、「大丈夫です。問題ないです」と怪我の不安を一蹴した。

逆転負けを喫したUAE戦では試合後、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が「真司を上手く生かせなかった」と話していたように、周囲との連携に課題を残した香川。

そのUAE戦について香川は「完結できそうな場面もあったんですけど、そこでミスが出ちゃったり、そこでボールを取られてカウンターを食らう場面もあった」と振り返った。

「タイミングというのがなかなか掴みづらかった」と話し「ポジショニングが被るというかね、近すぎる場面があった」と"距離感"を課題にあげている。

「改めて、引かれる相手にはちょっと広げる時間帯だったり、リズムのチェンジだったりをやっていかないといけないと思います」と修正点をあげており、次の試合ではこういった点に注目したいところだ。

そして「悔しさというのは少なからず影響するというのは分かっている。次の試合に集中したい」と意欲を見せた。

ロシアW杯アジア最終予選の日本代表対タイ代表は6日、タイの首都バンコクにあるラジャマンガラ・スタジアムで開催される。キックオフ予定時刻は日本時間21時15分。

GOAL

最終更新:9月4日(日)5時48分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]