ここから本文です

鹿島初「吸血バイト霧島くん」1巻、コンビニで真面目に働く亜人コメディ

コミックナタリー 9月4日(日)17時55分配信

鹿島初がKADOKAWAのWebマンガサイト・ヤングエースUPで連載する「吸血バイト霧島くん」1巻が発売された。1巻には25ページ分の描き下ろしが収められている。

「吸血バイト霧島くん」は、バイトが亜人だらけのコンビニを舞台にした異色のワーキング4コマ。天使の少女・天宮えるが、世界に災厄をもたらすと予言された半吸血鬼・霧島夕夜を監視するため下界にやってきたことから物語は始まる。しかし当の霧島は会ってみれば、能力を仕事に活用しながら平和的に日常を過ごす地味な青年。そのコンビニでは機械少女、狼男、サキュバスなども働いているが、一様に勤務態度は真面目で害は感じられない。俗物的で堕天寸前の天使・天宮が、亜人だらけのアットホームな職場に馴染んで一緒に仕事をする姿を描く。

最終更新:9月4日(日)17時55分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。