ここから本文です

ホームズ5代目の女子高生探偵によるミステリー小説、鳴見なるが表紙を描く

コミックナタリー 9月4日(日)19時10分配信

「ラーメン大好き小泉さん」「渡くんの××が崩壊寸前」で知られる鳴見なるが表紙イラストを手がけた、入間眞訳のブリタニー・カヴァッラーロ「女子高生探偵 シャーロット・ホームズの冒険」の上下巻が発売された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

同作はホームズ家の5代目にして女子高生探偵のシャーロット・ホームズと、ワトスン博士から数えて6代目の子孫であるジェームズ・ワトスンによるミステリー小説。転校先の高校でジェームズが、美しい黒髪とグレーの瞳を持ちながら推理や実験、薬に夢中なシャーロットと出会い、「彼女の相棒になりたい」と思うところから物語は始まる。上巻では「シャーロック・ホームズ」シリーズの1つである「まだらの紐」になぞらえた殺人事件が、下巻ではシャーロットの過去や2人に迫る危険が描かれていく。

最終更新:9月4日(日)19時10分

コミックナタリー