ここから本文です

ジェシー、主演映画舞台あいさつでの一発芸&ギャグにドヤ顔   

スポーツ報知 9月4日(日)6時5分配信

 ジャニーズJr.のユニット「SixTONES(ストーンズ)」のジェシー(20)が3日、都内で行われた主演映画「バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ」(根本和政監督)の初日舞台あいさつで一発芸を披露した。

 松村北斗(21)、田中樹(じゅり、21)らと登壇。田中のリクエストに応える形で「お前の好きなやつ、やってやるよ」と宣言。身ぶり手ぶりを交えながら「どんぐりコロコロ コロンビアに、ついちゃった」と自慢のギャグに“ドヤ顔”。観客の温かい笑いに満足そうに「はじめまして! 私、いわし、たわし、ゴシゴシ」と「新作」も披露。メンバーの冷ややかな視線を浴びても、すがすがしい表情を浮かべていた。

 「バニラ―」は特殊能力を持つ男子高校生が主人公のコメディー。「SixTONES」の3人は、今作が映画初主演となる。

最終更新:9月4日(日)6時5分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。