ここから本文です

日本ハム、中島2点打などで4点先制

デイリースポーツ 9月4日(日)14時27分配信

 「オリックス-日本ハム」(4日、ほっともっとフィールド神戸)

 首位ソフトバンクを追う2位の日本ハムが中盤で4点を先制した。

 四回、先頭の田中賢が安打で出塁すると、陽岱鋼も続き、悪送球もあって二、三塁に。レアードは倒れたものの、大野が死球を受けて1死満塁としたところで中島が、2ボール1ストライクからの4球目、山崎福の内角直球にしぶとくくらいつき左中間へ2点適時二塁打を放った。西川が倒れた後、2死二、三塁から杉谷にも2点適時打が出て、この回4点を奪った。

 中島は前夜はチーム最多19安打で大勝も自身は無安打に終わった悔しさを晴らす一打。「あのままズルズルいきそうだったので、いいところで打てて良かったですね。久々でしたね。積極的に打ちにいこうと思ってましたし、点が欲しいところだったので、なんとか先制できてよかったです」とコメントした。

 なお3番・DHでスタメン出場している大谷は3打席を終えた時点で2打数無安打。打席結果は、投ゴロ、四球、投ゴロだった。

最終更新:9月4日(日)17時8分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)