ここから本文です

「老後」に不安を感じる 20代は64.2%、50代は79.6%

エコノミックニュース 9月4日(日)11時52分配信

 自民党の麻生太郎氏が発した「90歳で老後を心配」発言が、高齢者への配慮に欠けると物議を醸したが、現代の「老後」の捉え方はどのようなものになっているのだろうか。総合マーケティング支援を行なうネオマーケティングでは、今回、全国の20代と50代の男女1000人を対象に「老後」をテーマにしたインターネットリサーチを実施した。

 まず、自分自身の「老後」について不安を感じているかを聞いたところ、「非常に不安を感じる」と「やや不安を感じる」を合わせた不安計は、20代で64.2%、50代で79.6%となり、ヤングとシニアでは15ポイント以上の差が出たという。未既婚に分けてみると、20代では既婚者の方が相対的に不安計が高い傾向を示しているが、50代においては、不安計にあまり大きな差はない。ただし、「非常に不安を感じる」との回答が、50代未婚では47.1%と多く、半数近くに及んでいる点が特徴的だとしている。

 次に、自分の「老後」のイメージに最も近いと思う状況を聞いたところ、20代・50代ともに、1位「経済的には余裕はないが、健康で働きながら自宅で暮らしている」(20代33.6%、50代44.4%)、2位「経済的に余裕があり、自宅に住んで、旅行や趣味を楽しんでいる」(20代23.0%、50代19.6%)、3位「経済的な余裕もなく、年金だけで1人で自宅で暮らしている」(20代21.8%、50代19.2%)という結果となった。しかし、50代未婚では、「経済的な余裕もなく、年金だけで1人で自宅で暮らしている」が40.3%で最も高く、「経済的には余裕はないが、健康で働きながら自宅で暮らしている」は6.7%と極端に低いという特徴がみられたという。

 続いて「老後」についての9つの記述について、どの程度共感するか5段階評価で聞いたところ、「そう思う」と「どちらかというとそう思う」を合わせた共感率は、20代では、「老後は健康でいられるか不安だ」55.8%、「親の介護が不安だ」47.8%、「老後は孤独になりそう」46.6%の順で高いという結果となった。50代では、「老後は健康でいられるか不安だ」69.8%、「自分の介護が不安だ」55.4%、「親の介護が不安だ」46.2%の順で高いという結果で、自身の介護が不安の上位に来る点で20代と少し差がみられるという。

 50代に比べ、20代で多くの共感がみられた項目としては、「先のことは分からないので、老後の心配をしてもしょうがない」45.2%と、「孤独死しそう」41.0%の2項目が大きく差をつけた。先の心配をしてもしょうがないという意識については、ヤングとシニアで差があることは想定の範囲内といえるが、老後の孤独感に関しては、実は50代未婚が最も高く、20代においても多数を占める未婚が抱えている不安だといえそうだとしている。(編集担当:慶尾六郎)

Economic News

最終更新:9月4日(日)11時52分

エコノミックニュース