ここから本文です

イーサン・ホークが甘く切ない歌声を披露、チェット・ベイカー描く映画の予告公開

映画ナタリー 9月4日(日)22時9分配信

イーサン・ホーク主演作「ブルーに生まれついて」の予告編がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、ジャズトランペッターでありボーカリストでもあったチェット・ベイカーの転落と苦悩、そして再生を描く物語。2009年に短編「The Deaths of Chet Baker(原題)」を監督したロバート・バドローがメガホンを取り、「グローリー/明日への行進」のカルメン・イジョゴがベイカーと恋に落ちる女性を演じた。

予告編は、ドラッグを原因とするトラブルにより音楽家生命を絶たれかけたベイカーが、1人の女性に支えられ復活していくさまを映し出す。また、ベイカーに扮したホークが歌うスタンダード曲「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」を聴くことができる。

「ブルーに生まれついて」は11月26日より東京・Bunkamuraル・シネマほか全国でロードショー。



(c)2015 BTB Blue Productions Ltd and BTBB Productions SPV Limited. ALL RIGHTS RESERVED.

最終更新:9月4日(日)22時9分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。