ここから本文です

【小倉2歳S】レーヌミノル6馬身差圧勝 レース4勝目の浜中「お利口に走ってくれた」

デイリースポーツ 9月4日(日)15時58分配信

 「小倉2歳S・G3」(4日、小倉)

 1頭だけ次元が違った。2番手を追走した1番人気レーヌミノルが4角で先頭に立つと、直線で後続との差をぐんぐん離して完勝。1分8秒0の快時計で重賞初Vを決めた。08年デグラーティア、10年ブラウンワイルド、11年エピセアロームに続く同レース4勝目となった鞍上の浜中俊騎手は「お利口に走ってくれた。精神的にドッシリとしていて、こんな2歳牝馬はなかなかいない」とパートナーを褒め、自身の地元小倉での重賞Vを喜んだ。

 2着には10番人気の関東馬ダイイチターミナルが突っ込み、同じく関東馬で九州産馬のカシノマストが3着に奮闘した。

最終更新:9月4日(日)16時4分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。