ここから本文です

広島・ヘーゲンスが“投グラブ強襲安打” 強烈打球に山中のグラブが吹っ飛ぶ

デイリースポーツ 9月4日(日)17時43分配信

 「ヤクルト-広島」(4日、神宮球場)

 広島の先発・ヘーゲンスが、ヤクルトの先発・山中のグラブを強襲する内野安打を放った。

 三回、先頭で打席に入ったヘーゲンスは、1-1からの3球目をフルスイング。打球はマウンド上の山中へ一直線の強烈な当たりとなったが、山中は左手のグラブで直接捕球しにいった。

 ところが強烈な打球はグラブをはじいて、山中の足元へポロリ。山中はグラブに入っていると勘違いして、はじかれたグラブを拾いにいったが、その中は当然のごとくカラ。ヘーゲンスはその間に一塁を駆け抜けた。

 この一打をきっかけに2死二、三塁の好機をつくった広島は、4番の新井がここで左前へ2点適時打を放ち、先制した。

最終更新:9月4日(日)19時47分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報