ここから本文です

雨でソフトバンクのマジック消滅…日本ハムは十二回コールド引き分け

デイリースポーツ 9月4日(日)18時9分配信

 「オリックス7-7日本ハム」(4日、ほっともっとフィールド神戸)

 日本ハムが延長十二回降雨コールドでオリックスと引き分けた。首位のソフトバンクが楽天に敗れたため、ソフトバンクに点灯していたリーグ優勝のマジックナンバー19が消滅した。一時は6点リードしていた日本ハムにとっては、勝てた試合を引き分ける手痛い結果だが、自力優勝が復活。ソフトバンクとのゲーム差は1に縮まった。

 順位は勝率で決定するが、その際、引き分けた試合数を分母から除いて計算する。日本ハムが、ソフトバンクとの2試合を含む残り19試合を全勝すると勝率は0・65957。ソフトバンクは残り20試合で日本ハム戦以外の18試合に全勝しても勝率が0・65942どまりとなる。日本ハムに自力優勝の可能性が復活したことで、マジックナンバーが消滅した。

 日本ハムは中島と杉谷の2点適時打、陽岱鋼の12号2ランなどで7-1とリードしたが、七回にオリックスが打者一巡7安打6得点の猛攻を見せて一挙に同点に追い付かれていた。延長十二回、7-7でオリックスの攻撃に入り、日本ハムの勝利が無くなった場面で、先頭の西野が安打で出塁した後に雨で試合が中断。約40分、天候の回復を待ったが結局降雨によるコールドゲームが宣告され、この試合は引き分けとなった。

最終更新:9月4日(日)19時5分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)