ここから本文です

吉田沙保里が改めて東京五輪出場誓う、レスリング祝勝パレードに2万4000人

スポーツ報知 9月4日(日)6時6分配信

 リオ五輪女子レスリング祝勝パレードが3日、愛知・大府市で行われ53キロ級銀メダルの吉田沙保里(33)と、いずれも金メダルの48キロ級の登坂絵莉(23)、69キロ級の土性沙羅(21)、63キロ級の川井梨紗子(21)らが参加し、オープンカーに乗ってパレードした。JR共和駅から大府市勤労文化会館までの約800メートルの沿道に、約2万4000人の市民が詰め掛けた。

 12年ロンドン五輪で吉田が金メダルを獲得した際の同パレードでは1万人。ヘリコプター3機が撮影するなどのフィーバーぶりに、吉田は「4年前よりかなり増えましたね。4年後の東京五輪は行けたら行きたい。私は引退とは言いません」と改めて現役続行を決意した。

最終更新:9月4日(日)8時5分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。