ここから本文です

広島 好調打線が止まらない ヤクルト山中を早々とKO 史上最速Vも見えた

デイリースポーツ 9月4日(日)18時28分配信

 「ヤクルト-広島」(4日、神宮球場)

 カープ打線が止まらない。三回に2点を先制した広島は四回、松山竜平外野手(30)9号、会沢翼捕手(28)の7号の2本のソロ本塁打で追加点を奪った。

 まずは先頭の松山が1ストライクから2球目、真ん中に甘く入ったスライダーを右翼スタンドに運んだ。「打ったのはスライダー。前のスライダーをミスショットしてしまったので、捉えられてよかったです」と松山。

 さらに1死後、会沢はフルカウントからの8球目、内角高めの直球を左翼スタンドに運んだ。「打ったのはストレート。塁に出ることだけを考えて打席に立ちました。ホームランになってよかったです」と振り返った。

 続くヘーゲンズも左前打で出塁し、早々とヤクルトの先発・山中をKOした。

 デーゲームで2位・巨人が中日に敗れ、この時点で優勝マジックは「5」に減った。

 2リーグ分立後、最速での優勝は1990年・巨人の9月8日。現在、広島の最短優勝は9月7日・中日戦(マツダ)で、史上最速優勝の可能性も現実味を帯びてきた。

最終更新:9月5日(月)1時55分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]