ここから本文です

決勝の日本先発は甲子園V腕・今井 2大会ぶり優勝かけて台湾戦 U-18アジア選手権

デイリースポーツ 9月4日(日)18時35分配信

 「野球U-18アジア選手権・決勝、日本-台湾」(4日、台湾・台中)

 決勝のスタメンが発表された。2大会ぶり5度目の優勝がかかる日本は、今夏の甲子園を制した作新学院・今井達也投手が先発。試合は日本時間午後7時開始予定。日本のスタメンは以下の通り。

 1番・三塁 松尾大河(秀岳館)

 2番・二塁 伊藤優平(八戸学院光星)

 3番・中堅 鈴木将平(静岡)

 4番・捕手 九鬼隆平(秀岳館)

 5番・一塁 林中勇輝(敦賀気比)

 6番・左翼 入江大生(作新学院)

 7番・DH 寺島成輝(履正社)

 8番・右翼 納大地(智弁学園)

 9番・遊撃 佐藤勇基(中京大中京)

 投手・今井達也(作新学院)

最終更新:9月4日(日)21時51分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。