ここから本文です

【競輪】武田豊樹が今年初のG3優勝

デイリースポーツ 9月4日(日)19時25分配信

 「長良川鵜飼カップ・G3」(4日、岐阜)

 最終日の12Rで決勝戦が争われ、武田豊樹(42)=茨城・88期・SS=が、ようやく今年最初のG3優勝。最終ホーム4番手からまくった吉田拓矢をマークした武田が差し切った。吉田はタイヤ差の2着。3着には2角7番手からまくった山本伸一が入った。

 レース直後の武田はとほっとした表情で「フーッ」息をはいた。それもそうだろう。今年前半は不振にさいなまれ、ここまでの優勝は5月の全プロ記念のみ。G3での優勝は、昨年11月の函館記念から遠ざかっていた。 今回の優勝で満足するわけにはいかない。「次です、次。グランプリという夢の舞台を目指して頑張りたい」。今年はKEIRINグランプリの出場権をまだ獲得していない。ラストスパートを宣言して、この優勝におごることなく自らの意識を高めた。

最終更新:9月4日(日)22時6分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]