ここから本文です

【ソフトバンク】細川、右太もも痛め登録抹消 復帰まで10日程度の見込み

スポーツ報知 9月4日(日)11時13分配信

 ソフトバンクは4日、3日の楽天戦(コボスタ)で負傷交代した細川亨捕手(36)が「右大腿二頭筋の筋挫傷」と診断されたと発表した。負傷の度合いは1度の軽症で、プレー復帰まで10日間程度を要する見込み。4日に登録を抹消される。代わって、斐紹捕手(23)が昇格する。

 同戦の3回に左前打で出塁した細川は、続く中村晃のフルカウントからの6球目にスタート。打者は空振り三振だったが、5年ぶりの盗塁に成功。しかし、二塁へ滑り込んだ際に右太もも裏を押さえ、苦悶の表情を浮かべた。足を引きずりながら、ベンチへ退き、そのまま交代。試合中に仙台市内の病院へ向かい、精密検査を受けていた。

 今季は負傷などもあって出遅れ、1軍昇格は6月19日だった細川。それでも、堅実なリード面で徐々に存在感を高め、最近15試合中14試合でスタメンマスクをかぶっていた。最短の抹消期間で復帰出来る見込だが、10日間は扇の要を欠くことになった。

最終更新:9月30日(金)16時49分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。