ここから本文です

クラフトビールメーカー166社の所在地は「関東」が39社でトップ

エコノミックニュース 9月4日(日)20時37分配信

 クラフトビールとは、小規模なビール醸造所で製造される地ビールのこと。業態としては“直販”、ブルワリー(醸造所)に併設されたビアパブやレストランで飲食に供されることが多く、出荷数量としては“外販”、樽生や瓶詰め、缶詰めが多い。小売店の店頭でもよく目につく商品だ。

 もともとは、94年の酒税法改正でビールの酒類製造免許取得のために定められている最低製造量が年間2000キロリットルから 60キロリットルへ引き下げられたのを機に新規参入が急増。全国に300社以上の地ビールメーカーがひしめく大混戦状態となったものの、第一次のブームは瞬く間に沈静化した経緯がある。

 しかし近年、地ビールはクラフトビールとなって新たに市民権を得た。市場の環境もメーカーのスタンスも異なり、クラフトビールは酒類市場の一ジャンルとして定着する可能性が高いという。そこで、 帝国データバンクは、企業概要データベース「COSMOS2」(146 万社収録)から、クラフトビール製造を主力事業として手がける「主業」64 社と、本業は別にあるが、ビール製造を行う「副業」102社を抽出し、クラフトビールメーカー166社について地域別、県別の分布や売上動向、主業メーカーの売上、従業員数、業歴、資本金額などの規模、副業メーカーの本業を調査・分析した。

 クラフトビールメーカー166社の地域別分布では、「関東」が39社でトップ。構成比は23.5%と4分の1近くを占めている。第2位は「中部」の30社(構成比 18.1%)。次いで「近畿」の21社(同12.7%)となっており、関東、中部、近畿の3大都市圏で合計90社、構成比54.2%を占める。ブルワリー(醸造所)からの直売が多いクラフトビールメーカーの業態の特性上、最大需要地にメーカーの過半数が集中している。

 一方、これを都道府県別にみると、トップは「北海道」の16 社。「東京都」と「新潟県」が11社でこれに次ぎ、「神奈川県」と「静岡県」が8社で同率4位、「埼玉県」と「兵庫県」が7社で同率6位となっている。

 主業64社の「売上分布」をみると、売上規模が「1億円未満」の小規模事業者が39社でトップ。構成比60.9%を占めている。次いで、「1億~10億円未満」が23社、構成比35.9%となっており、クラフトビール製造を主業とするメーカーの売上規模は、9割以上が10億円未満であることがわかる。

 また、「主業」64社に対して、本業は別にあるがビール製造も行う「副業」メーカーは102社ある。その“本業”を分析すると、「飲食店」が26社、構成比25.5%と全体の4分の1を占めている。レストランやビヤホール、ビヤパブ併設型は、クラフトビールのもっとも多い業態となっている。

 一方、「清酒製造」は17社、構成比16.7%を占めており、「蒸留酒・混成酒製造」の7件(6.9%)と「果実酒製造」の3社(2.9%)を合わせた「酒類製造」業者の合計では27社、構成比26.5%に達する。これはある意味当然であり、酒類製造のノウハウや設備を持つ日本酒メーカーや焼酎メーカーが、ビール製造も手掛ける事例は多いとしている。(編集担当:慶尾六郎)

Economic News

最終更新:9月4日(日)20時37分

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]