ここから本文です

リオ金・萩野、最後のインカレ2冠締め ライバル瀬戸は2位

デイリースポーツ 9月4日(日)22時4分配信

 「日本学生選手権(インカレ)・最終日」(4日、東京・辰巳国際水泳場)

 男子400メートル個人メドレー決勝で、リオデジャネイロ五輪金メダルの萩野公介(22)=東洋大=が4分11秒88で、2年ぶり3回目の優勝。最後のインカレを200メートル個人メドレーと合わせて2冠で締めくくった。前年覇者でリオ五輪銅メダルの瀬戸大也(22)=早大=は4分18秒40で2位だった。

 5481人が詰めかけた満員のスタンドの前で、圧巻の凱旋レースを見せた。「前半で決着をつけたい」という前日の予告通り、バタフライ、背泳ぎから圧倒。「(リレーに備えて)最後は少し流したけど、まずまずのタイムなので、力はついている」と胸を張った。

 “萩野世代”最後のインカレで有終の美を飾り、「僕らが東京五輪の中心になる。みんなが思いをぶつけたレースをして、いい大会になった」と万感。次戦の国体(9~11日、岩手)では、200メートル個人メドレー、100メートル背泳ぎに出場する予定。

最終更新:9月4日(日)22時12分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]