ここから本文です

広島がM4 投打かみ合い、接戦勝利に、緒方監督「ナイスゲーム」

デイリースポーツ 9月4日(日)22時6分配信

 「ヤクルト3-4広島」(4日、神宮球場)

 広島がヤクルトに競り勝って、優勝へのマジックナンバーを2つ減らし「4」とした。緒方監督は「きょうは打つ人が打って、守る人が守って、抑える人が抑えた。役割を果たしてくれて、ナイスゲームだった」と振り返った。

 三回、2死二、三塁から新井の左前適時打で2点を先制。リーグトップを走る96打点で流れを呼ぶと、四回には松山が9号ソロ、会沢の7号ソロでヤクルト先発の山中を早々とKOした。菊池は二回一塁で、二遊間を抜けそうな打球を横っ飛びで好捕。スーパープレーで併殺を完成させ、守備でも盛り立てた。

 投げては4度目の先発となったヘーゲンズが、粘りの投球で6回0/3を7安打3失点。六回、3連打で2点を奪われ、無死二塁では今村が救援登板しピンチを救った。

 代打坂口に右中間を破る適時二塁打を浴びたが、なおも1死三塁のピンチで上田、山田を連続三振に斬って1点のリードを死守した。

 八回をジャクソン、九回は守護神の中崎が締めた。中崎は昨季マークした自己最多セーブを更新する30セーブ目。広島で30セーブ以上は、小山田(02年)、永川(07~09年)、サファテ(11年)に続き4人目の快挙となった。

 最短優勝は7日の中日戦(マツダ)になる。2リーグ分立後、最速優勝は90年・巨人の9月8日。中崎は自身の記録について「特に何もない」とサラリと言ったが、チームの話になると「マツダで胴上げをしたいです」と力を込めた。25年ぶりVを目前に控えるチームに、史上最速優勝の可能性も現実味が出てきた。

最終更新:9月4日(日)23時26分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]