ここから本文です

競泳 瀬戸、萩野に完敗「金メダリストは違う」

デイリースポーツ 9月4日(日)22時43分配信

 「日本学生選手権(インカレ)・最終日」(4日、東京・辰巳国際水泳場)

 男子400メートル個人メドレー決勝で、前年覇者でリオデジャネイロ五輪銅メダルの瀬戸大也(22)=早大=は4分18秒40で2位に終わった。リオ五輪金メダルの萩野公介(22)=東洋大=が優勝した。

 瀬戸の最後のインカレが終わった。本命種目でも萩野に大差をつけられて完敗し、個人では今大会無冠。帰国後は発熱するなど体調も崩したが、「やっぱり練習を積まないと泳げない種目。(リレーに備えて)最後はお互いに流したけど、(萩野)公介はしっかりタイムを出して、やっぱり金メダリストは違う。自分のレベルが低かった」と現時点での力の差を痛感した。

 リオ五輪を終え、ライバル対決見たさにこの日も会場は満員の5481人がつめかける盛況ぶり。SNSなどでの反響も大きいが、「ファンの方からたくさん『応援に行きます』と言ってもらうけど、まだちゃんと練習が積めていないので、期待に応えられず申し訳ない」と瀬戸。「公介は小さい頃からコツコツ積み重ねている。自分も見習って練習していく。(勝つのは)もう少し待って欲しい」。4年後の東京五輪に向けて、大きい背中を全力で追いかける。

最終更新:9月4日(日)23時8分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]