ここから本文です

競泳・瀬戸、仲間に珍エール「お金貯めて東京五輪に…」

デイリースポーツ 9月4日(日)23時8分配信

 「日本学生選手権(インカレ)・最終日」(4日、東京・辰巳国際水泳場)

 男子400メートル個人メドレー決勝で、前年覇者でリオデジャネイロ五輪銅メダルの瀬戸大也(22)=早大=は4分18秒40で2位に終わった。リオ五輪金メダルの萩野公介(22)=東洋大=が優勝した。

 最後のインカレを終えた瀬戸は、早大で過ごした4年間を振り返り、「JISS(国立スポーツ科学センター)の他に、大学の施設でも練習させてもらって本当に感謝してる。最後にみんなでいい思い出をつくれた」と、五輪のメダリストに育ててもらった環境や仲間にお礼を言った。

 大学生としては、この大会を最後に4年生が引退。瀬戸は「早大の同期では、自分以外は全員就職して、競技を続ける人はいない」と明かし、「東京五輪のチケットは高いと思うので、就職して働いてお金を貯めてもらって応援に来て欲しい」と“珍エール”を送った。4年後、社会人になった仲間の前で金メダルをもぎ取る。

最終更新:9月4日(日)23時11分

デイリースポーツ