ここから本文です

福田彩乃、芸能界入りオーディションでの披露ネタは「柳原のものまね」だった

スポーツ報知 9月4日(日)16時44分配信

 ものまね芸人の福田彩乃(27)、お笑い芸人の柳原可奈子(30)、ものまね芸人のみかん(32)が4日放送のフジテレビ系「ボクらの時代」(日曜・前7時)で、芸人になる原点や恋愛観などを語った。

 自動車会社でOLの経験を持つ福田は、芸能界入りのきっかけについて、「リーマンショックで解雇になった。手に職もないので、職業案定所に行っても職が見つからなかった」。そんな時、「友達が現所属事務所(アミューズ)のオーディションを勧めてくれ、特技披露でものまねをやった」ことが、ものまね芸人になるきっかけだった。ちなみに、オーディションで披露したのが、「ショップ店員を演じる柳原のものまね」だったという。

 一方、女優・長澤まさみ(29)のものまねを得意とする福田は、柳原に「怒られたことないの?」と質問されると、「長澤まさみさんには、会ったことがない。お会い出来なくていい。私、そんなんじゃない、と指摘されそうで…」と“本家”との対面を拒否していた。

最終更新:9月4日(日)16時44分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。