ここから本文です

【侍女子】女子高生が好投しオランダに圧勝、2次リーグ進出決める

スポーツ報知 9月4日(日)17時53分配信

◆第7回WBSC女子野球W杯 ▽オープニングラウンド第2戦 日本12―0オランダ=5回コールド=(4日・韓国・キジャンドリームパーク)

 W杯5連覇を狙う侍ジャパン女子代表「マドンナジャパン」は、格下のオランダに9安打ながら相手のミスもあって12点でコールド勝ち。2勝として5日のインド戦を待たずに2次リーグ進出を決めた。

 先発した、今回唯一の女子高生・清水美佑(18)=埼玉栄=は、小雨の中を3回1安打無失点。「試合前の国歌を聴いたら少し緊張しましたが、楽しめました。次につなげられれば」と、マウンドでも時折笑顔も見せた国際大会デビューとなった。クラスメートは現在、ニュージーランドに修学旅行中。応援メールとともに楽しそうな報告も届き「行きたかった。でもこっちの方がもっと楽しめるかな」と、世界一に向け意気込みを見せた。

 別のグループでは、台湾の成長が目立っており、3日には豪州にコールド勝ち、4日も米国と1点差の接戦となった。大倉孝一監督(53)は、守備力が安定している印象を語りつつも「2次リーグで米国、豪州、台湾のどちらが来ても、こちらが準備している中で変化はない」と、自信をみせた。

最終更新:9月4日(日)17時53分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。