ここから本文です

【すずらん賞】リエノテソーロが連闘でデビュー2連勝

スポーツ報知 9月4日(日)17時51分配信

◆すずらん賞(4日・芝1200メートル、札幌競馬場、良)

 4日の札幌10R・すずらん賞(2歳オープン、芝1200メートル=10頭立て)は、新馬勝ちから連闘で臨んだスペイツタウン産駒のリエノテソーロ(牝2歳、美浦・武井厩舎)が勝利した。勝ち時計は1分10秒3。

 3番手で流れに乗ると、直線ではじわじわと加速。残り100メートルで一気に前をとらえ、1馬身1/4差でデビュー2連勝を決めた。

 手綱を執った吉田隼騎手は「道中は折り合って、残り100メートルで伸びた。勝負どころでしっかり脚を使った。賢い馬です」と評価。武井調教師は「レースセンスがいい馬。オーナー(了徳寺健二氏)は芝を使いたいそうですが、ダートの方が合うと思うので、今後はダートを使うことも考えたい」と説明。次走は交流G3のエーデルワイス賞(10月13日、門別・ダート1200メートル)を予定している。

最終更新:9月4日(日)19時58分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ