ここから本文です

【新潟記念】6着ファントムライト「上位馬と勢いが違った」と内田

スポーツ報知 9月4日(日)17時51分配信

◆第52回新潟記念・G3(4日・芝2000メートル、新潟競馬場、良)

 2番人気のアデイインザライフが直線外から抜け出して優勝。鞍上の横山典弘騎手は、安田富男、武豊、藤田伸二に続く史上4人目のJRA全10場重賞制覇を達成した。1番人気のアルバートドック(戸崎)が2着、9番人気のロンギングダンサー(吉田豊)は3着だった。

 内田騎手(ファントムライト=6着)「道中は我慢も出来て、うまく運べたんだけど、最後は上位馬と勢いが違った」

 津村騎手(ムスカテール=7着)「最後まで頑張っていたし、差のない競馬ができた。前半は少しハミをかんでしまったけど、次はもっと良くなりそう」

 和田騎手(クランモンタナ=9着)「前走よりズブさは見せなかったけど、この馬に高速馬場は厳しかった」

 森騎手(マジェスティハーツ=10着)「距離ロスなく回ってこられたが、もう1ハロンが伸び切れなかったし、右にもたれていた」

 北村宏騎手(サトノギャラント=11着)「いろいろ考えて乗ってみた。一瞬、気持ちに火がついたので、もう少し頑張ってくれると思ったが…」

 柴田善騎手(メイショウナルト=12着)「道中はいい感じで運べたけど、直線に向いてから耳を絞って突っ張ってしまった」

 石川騎手(マイネルディーン=13着)「この馬には上がりの速い新潟が合っていないのかもしれない」

 石橋騎手(エーシンマックス=15着)「逃げ馬について行くとオーバーペースになってしまうけど、そのぐらいの方が良かったのかもしない」

 木幡巧騎手(アロマカフェ=17着)「4コーナーまでいい感じで走っていたけど、そんなに甘くはなかった」

最終更新:9月4日(日)17時51分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ