ここから本文です

くまモン、落語に初挑戦、大喜利も…大阪「彦八まつり」で

スポーツ報知 9月4日(日)18時17分配信

 熊本県の人気マスコットキャラクター・くまモンが4日、大阪市天王寺区の生国魂(いくたま)神社で開催された、上方落語協会のファン感謝祭「彦八まつり」で本格的な落語の高座に初挑戦した。熊本県によると、くまモンは東京落語で小ばなしを披露したことがあるが、着物を着てネタをやるのは初めて。「饅頭(まんじゅう)こわい」を熊本の郷土菓子に変えた「いきなり団子こわい」を、身ぶりてぶりで披露した。

 くまモンは落語会の前座で登場。熊の手形マークの紋付きを着て、上方落語独特の「見台」を前にして座布団に座ると、「いい衣装を作って下さったので、僕も落語を披露させて」と、くまモン隊のお姉さんが代弁。言葉が発せないため、お姉さんがネタを語る中、「いきなり団子」を“上方の爆笑王”故・桂枝雀さんばりのオーバーアクションで表現。拍子木をバンと打ち鳴らしたり、うどんをすするしぐさも見せ、詰めかけた落語ファンを楽しませた。ネタは5分ほどだったが、正座で足をしびらせてしまい、はうようにして高座を後にして会場を再び沸かせた。

 落語会の前には、大喜利にも挑戦。「熊本名物と言えば」をお題にした古今東西でボケる落語家に、ピコピコハンマーで軽快にツッコミを入れていた。

最終更新:9月4日(日)20時10分

スポーツ報知