ここから本文です

【広島】守護神・中崎…30セーブを記録

スポーツ報知 9月4日(日)21時36分配信

◆広島4―3ヤクルト(4日・神宮)

 

 広島がヤクルトの反撃を封じて、8カード連続で勝ち越した。2位巨人が敗れたため、優勝へのマジックナンバーを4とした。

 3回に新井が先制の2点適時打。4回には松山、会沢のソロ本塁打で2点を追加した。

 7回に3点を奪われたが、8回をセットアッパーのジャクソンが無失点で抑え、最後も守護神の中崎がぴしゃりと3人締めで30セーブ目を挙げ、1点のリードを死守した。

 緒方監督は「打つべき人が打って、守るべき人が守って、抑えるべき人が抑えた。一人一人が役割を果たしてくれた」と選手をたたえつつ「その中でもベースカバーの遅れや、死球があったり、しっかり反省をしないといけない」と引き締めた。

 自己最多、球団では4人目となる30セーブを記録した中崎は「しっかり0で抑えられて良かった。(数字は)別になんとも思わないが、しっかり投げられて良かった」と淡々。6日にからは本拠地での中日3連戦。最短Vは7日で、いよいよの期待が高まる。

最終更新:9月4日(日)21時36分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報