ここから本文です

【バスケ】秋田4連勝でBリーグ開幕に弾み!パルマー大暴れ21得点

スポーツ報知 9月5日(月)6時4分配信

◆プレシーズンゲーム 秋田ノーザンハピネッツ74―55シーホース三河(4日、大仙市大曲体育館)

 男子プロバスケットボールBリーグ1部(B1)東地区の秋田ノーザンハピネッツが、同西地区のシーホース三河戦に74―55で快勝した。SF/PFケビン・パルマー(29)がチーム最多21得点を挙げるなど、新戦力の助っ人が躍動。プレシーズンゲーム4連勝を決め、22日開幕のリーグ戦へ弾みを付けた。

 Bリーグの初年度開幕まで残り3週間を切り、昨季bjリーグで東北勢最高の3位になった秋田が“東北NO1”の実力を見せた。昨季NBL準Vの三河を相手に、第1クオーター(Q)で15―15と食らい付き、第2Q終了時に40―23と突き放して、前半で試合の主導権を握った。

 新助っ人が光った。パルマーが両軍最多5本の3点シュートを決めるなど、チーム最多21得点の活躍。2010―11年季にはbj福岡でリーグベスト5に選ばれた198センチのビッグマンは、「自分がリーダーシップを取って、チームの流れを良くすることを心掛けている」と頼もしかった。

 2季ぶりの復帰となったPFディショーン・スティーブンス(26)も、パルマーとの連係から両軍最多2本のダンクシュートを決め、ホームの秋田に詰めかけた1422人のブースターを沸かせた。

 プレシーズンゲームは8月20、21日のB2東地区・パスラボ山形ワイヴァンズ戦、3日の三河戦と勝って4連勝。それでも長谷川誠ヘッドコーチ(45)は、三河の日本代表PG橋本竜馬(28)、PG/SG比江島慎(26)らが欠場していたこともあり「勝ちはいい経験だが、本当の結果とは思っていない」と気を引き締めた。

 まずは9~11日に行われる東北カップで王者を目指し、秋田のリーグ開幕戦となる24日のアウェー・栃木ブレックス戦に挑む。この日、チーム日本人トップの12得点で貢献した新主将のSG田口成浩(26)は「勢いに乗って、Bリーグでは一つでも多くの勝ち星を積み重ねたい」と力を込めた。(竹内 竜也)

最終更新:9月5日(月)6時4分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]