ここから本文です

【バスケ】仙台、地元出身・石川が凱旋

スポーツ報知 9月5日(月)6時4分配信

◆プレシーズンゲーム 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ72―59仙台89ers(4日、南三陸町総合体育館)

 男子プロバスケットボールBリーグ1部(B1)東地区の仙台89ERSは、同西地区の名古屋ダイヤモンドドルフィンズに59―72で敗戦。宮城・明成高出身で今季加入のPG石川海斗(25)が、仙台のユニホームを来て宮城に凱旋(がいせん)を果たした。

 黄色いユニホームに袖を通し、石川海斗が宮城に帰ってきた。PGで先発出場すると、スピードのあるプレーで攻撃を引っ張り、チーム2番目となる27分44秒の試合出場。「もっとコンディションを上げないと」と、得点0に終わった点は反省したが、「最後まであきらめずに走り抜けた」と、11人の選手全員が声を出して戦い抜いたことに手ごたえもつかんだ。

 試合で宮城を訪れたのは、旧bjリーグ・岩手(現B2東地区)に在籍していた2015年11月以来。「仙台のファンの声援は力強かった」と、チームカラーの黄色に染まったスタンドを敵側から見た。今度は仙台の一員として“黄色い声援”を受け「普段は試合で緊張しないけど、今日は特別な感じがした」と、南三陸に集まった1558人の応援を感慨深く受け止めた。

 明成高での3年間が石川を育て上げた。スポーツ推薦ではなく、一般入試で入学したが「3年間で一度も休まなかった」という猛練習で力をつけ、高3の10月には国体で準優勝。U―18日本代表にも選ばれるなど「今の僕を作ってくれた」という思い出の場所だ。

 間橋健生ヘッドコーチ(45)は「まだまだ持ち味を出せるはず」と石川の今後に期待をかける。9日に福島で開幕する東北カップへ「結果を求めていく」と25歳は視線を前へ向けた。(守田 力)

 ◆石川 海斗(いしかわ・かいと)1990年11月30日、東京都生まれ。25歳。宮城・明成高から日大に進み、2013―14季に当時NBLの日立(現渋谷)に入団。15―16季にbj岩手に移籍。今季B2香川と契約合意した後、レンタル移籍で仙台に加入した。171センチ、72キロ。背番号3。

最終更新:9月5日(月)6時4分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。