ここから本文です

【真田丸】犬伏の別れへ 信繁・信幸・昌幸の3ショット見納め

オリコン 9月4日(日)6時30分配信

 きょう4日放送のNHK大河ドラマ『真田丸』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)第35回「犬伏」は、真田の名を歴史に刻んだ「犬伏の別れ」を描く。犬伏(栃木県佐野市)で行われた真田信繁(堺雅人)、兄・信幸(大泉洋)、そして父・昌幸(草刈正雄)による密談は、3人がそろって登場する最後のシーンとなる。

【場面写真】『真田丸』第35回「犬伏」より

 上杉討伐を前に徳川から離反すると決めた昌幸は、家康(内野聖陽)を討つチャンスを探る。しかし、家康が大坂を出陣した直後に三成(山本耕史)が挙兵し、日本全国を巻き込む大戦になる可能性が浮上、昌幸の計画が狂う。真田が生き残るために、豊臣と徳川のどちらにつくべきか。戦国の世を協力して乗り切ってきた昌幸、信幸、信繁の意見が割れる。

 三成の挙兵によって、人生が変わってしまう人はほかにも。細川忠興の正室・細川ガラシャ(橋本マナミ)だ。人質に取られることを拒否し、家臣の介錯による死を選んだと伝わっているが、『真田丸』ではどのように描かれるのか。橋本は「愛人キャラを忘れさせる芝居を見せたい」と意気込んでいた。

最終更新:9月4日(日)6時30分

オリコン