ここから本文です

ももクロ百田&玉井、「ももたまい婚」で豪華披露宴 モノノフも祝福

オリコン 9月4日(日)22時26分配信

 人気アイドルグループ・ももいろクローバーZの百田夏菜子(22)と玉井詩織(21)が大安吉日の4日、新潟・新潟県民会館で結婚披露宴をテーマとしたユニットライブ『ももたまい婚』を開催した。会場には1624人のファンが“列席”したほか、東京ドームシティホールほか全国42館のライブビューイング会場には1万749人が集まり、2人を祝福した。

【写真】とことん結婚披露宴を追求した「ももたまい婚」

 『ももたまい婚』は、仲良しコンビ・百田と玉井の“コン”サートと結婚の“婚”をかけた2人のユニットライブ。大安吉日に開催、チケット代は末広がりの税込8888円(引き出物付き)、パンフレットなどのグッズ、チラシ、ライブ当選者へ事前に送られた招待状に至るまで、とことん“結婚披露宴”をテーマとして制作された。

 開演時刻を迎えると、モニターには2人のショートムービーが流れ、会場はさながら結婚披露宴会場に。司会・梶原しげるのアナウンスで百田、玉井がともにウエディングドレス姿で入場すると、会場は大歓声で包まれた。

 2人の生い立ちやなれそめの紹介、ファンも撮影可能なウエディングケーキ入刀へ。入刀すると同時に「ミライボウル」が流れ始め、2人の掛け合いからライブがスタートし、「いつか君が」をパフォーマンスすると、2人は上手の高砂へ移動した。

 オバマ大統領に扮したお笑い芸人・ノッチが音頭を取って乾杯が終わると、ももたまいの新曲「Ring the Bell」を初披露。その後も2人のお色直し、ユニット曲「シングルベッドはせまいのです」に乗せたペンライトサービス、誓いの言葉、フラワーシャワー、二人の愛を確かめるクイズ「二人の愛を再確認、いっせーのせクイズ3本勝負」と、本当に2人が結婚するかのようなライブに、会場は祝福モードに包まれた。

 フィナーレは2人から感謝の気持ちを込め、ゆずの「栄光の架け橋」を熱唱。最後にブーケを客席に投げ入れ、ライブを締めくくった。ももたまいの新曲「Ring the Bell」、「夜更けのアモーレ」は9月21日から配信開始予定。

 なお、ももクロは7日にニューシングル「ザ・ゴールデン・ヒストリー」を発売。19日には、佐々木彩夏が横浜アリーナでソロコンサート『AYAKA-NATION 2016 in 横浜アリーナ』を開催する。

最終更新:9月4日(日)23時23分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。