ここから本文です

【GOLF】美香、藍ともに順位下げる A.ジュタヌガーンは3連勝へ逆転圏内

ISM 9月4日(日)9時6分配信

 米女子ツアーのマニュライフLPGAクラシックが現地時間3日、カナダのホイッスルベアーGCで第3ラウンドの競技を終了。日本勢は宮里美香が通算6アンダー29位タイ、宮里藍が通算1アンダー64位タイとともに順位を下げて最終日を迎えることとなった。

 2人が予選通過の日本勢は上位陣の伸ばし合いについていけず。5打差12位タイから出た美香は、後半12番から3連続バーディで一時3アンダーとするも、上がり3ホールで2ボギーと失速し、4バーディ、3ボギーの1アンダー71で首位と8打差まで後退。カットライン上の55位タイからスタートした藍はイーブンパー72の足踏みで浮上とはならなかった。

 通算14アンダーの首位に立ったのはイ・ミヒャン(韓)。「66」の好スコアで2位キム・ヒョージュ(韓)に1打差をつけてツアー2勝目へのポールポジションをつかんだ。今季2度目の3連勝を狙うアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)も同じく「66」をマークし、前日9位タイから通算12アンダーの3位タイに浮上。最終18番で長いバーディパットを沈め、首位と2打差の好位置につけた。

 44位タイで決勝ラウンドに進んだ世界女王リディア・コ(ニュージーランド)はこの日ベストの「64」と猛チャージ。首位と4打差の通算10アンダー7位タイにつけ、逆転の今季5勝目に可能性を残した。そのほか、地元オンタリオでの戴冠を狙うブルック・ヘンダーソン(カナダ)は通算6アンダーに3つ伸ばし、美香らと並ぶ29位タイとなっている。

最終更新:9月4日(日)9時6分

ISM