ここから本文です

【GOLF】川村は53位タイで最終日へ S.ヘンドが3勝目に王手

ISM 9月4日(日)10時38分配信

 欧州、アジア両ツアー共催のオメガ・ヨーロピアン・マスターズは現地時間3日、スイスのクランス・シュル・シエレGCを舞台に第3ラウンドの競技を終了。川村昌弘は1オーバー71とスコアを落とし、通算1アンダー53位タイに後退した。

 出だしの2ホールをボギー、バーディとした川村は、その後7ホールに渡ってパープレー。9番と折り返した10番で連続バーディを奪って浮上の兆しを見せたが、12番パー4でスコアを落とすと、終盤の17番では痛恨のダブルボギー。トータル3バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの内容でホールアウトとなった。

 通算13アンダーまでスコアを伸ばしたスコット・ヘンド(豪)がツアー3勝目に王手。トップと1打差の2位タイから出ると、前半で4バーディ、後半も1つスコアを伸ばして5アンダー「65」をマークした。通算12アンダー単独2位にはアレクサンダー・ノレン(スウェーデン)、通算10アンダー単独3位にはリチャード・ブランド(英)がつけている。

 アンドリュー・ジョンストン(英)は通算9アンダーで4位タイ。ミゲール・A・ヒメネス(スペイン)は1オーバー71で回り、通算4アンダー33位タイと順位を落としている。また、31位タイから出たディフェンディング・チャンピオンのダニー・ウィレット(英)はイーブンパー70と巻き返せず、通算3アンダー39位タイとなっている。

最終更新:9月4日(日)10時48分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]