ここから本文です

全英アルバム・チャート、バーブラ・ストライサンドが初登場1位

BARKS 9月6日(火)11時10分配信

今週のUKアルバム・チャートは、バーブラ・ストライサンドの35枚目のスタジオ・アルバム、映画やミュージカルの名曲をカバーした『Encore: Movie Partners Sing Broadway』が初登場で1位に輝いた。

◆『Encore: Movie Partners Sing Broadway』画像

彼女にとって7枚目の全英No.1。6枚の時点でそうだったが、これはUKチャート史上、女性アーティストではマドンナの12枚に次ぐ2番目の最多記録となる(3番目はセリーヌ・ディオンとカイリー・ミノーグの5枚)。

2位には、ブリトニー・スピアーズの9枚目のスタジオ・アルバム『Glory』がチャート・インした。ブリトニーはシングルでは何度もあるが、アルバムではまだ全英1位を獲得したことがない。No.2アルバムはこれで5枚目となる。

先週トップに初登場したフランク・オーシャンの『Blonde』は3位に後退。今週新たにトップ10入りしたのは、上位2枚のみだったが、トウェンティ・ワン・パイロッツの『Blurryface』(5位)、リック・アストリーの『50』(7位)、レディング&リーズ・フェスティバルのパフォーマンスが好評だったビッフィ・クライロの『Ellipsis』(10位)が再エントリーしている。

シングル・チャートは、チェインスモーカーズの「Closer」が先週の3位から上昇し、1位を獲得した。2位は、DJ SNAKE & ジャスティン・ビーバーの「Let Me Love You」が4週連続でキープ。先週まで5週連続でトップだったジャスティン・ビーバーとMOをフィーチャーした「Cold Water」が3位に後退した。

今週は動きが小さく、トップ3が入れ替わっただけで、新たにトップ10入りしたものはなく、4~14位まで先週と全く同じ順位だった。

Ako Suzuki

最終更新:9月6日(火)11時10分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。