ここから本文です

AKB48ぱるる、連続ドラマ主演で女性刑事役に初挑戦!共演には古田新太、勝村政信ら

E-TALENTBANK 9月4日(日)20時0分配信

AKB48の島崎春香が、10月17日(月)深夜0:15から放送されるテレビ朝日系連続ドラマ「警視庁 ナシゴレン課」で主役を務めることが分かった。

AKB48グループメンバー41人が各話で主演を務めた、1話完結のホラードラマ『AKBホラーナイト アドレナリンの夜』。連続ドラマ主演をかけたオーディションも兼ねていたこのドラマで、 “ぱるる”こと島崎遥香が見事、視聴者&審査員投票第1位を獲得した。そしてこの秋、いよいよ島崎がヒロインを務める連続ドラマがスタートすることが決定した。

島崎が挑むのは、25歳にして警視庁の、とある捜査課の課長に任命された、女性刑事役。このドラマ『警視庁 ナシゴレン課』は、秋元康氏の企画・原作で、これまでにない“ワンシチュエーションコメディー”の刑事ドラマ。誰も捜査に出かけることなく、すべての謎が“刑事部屋”で解決されてしまう…という、前代未聞のドラマが展開していく。

島崎が演じる主人公・風早恭子は、『警視庁 ナシゴレン課』という、一風変わった部署の課長。捜査はすべて部屋でできると考えており、足で稼ぐというような“昭和”な考えを全否定している。自ら部屋を出て捜査にあたることはほぼないに等しいのに、その卓越した洞察力、推理力により数々の難事件を解決していくという設定だ。

島崎が刑事役を演じるのは、初めてのこと。アイドルらしからぬ自由奔放な刑事役に島崎がどう挑んでいくのかが、本作の最大のみどころだろう。そんな恭子に煙たがられる新人中年刑事・石鍋幹太を、数々の作品で独特の存在感を放つ個性派俳優・古田新太が演じる。また、勝村政信が恭子に地位を奪われた無能呼ばわりされる部下役で出演する。

最終更新:9月4日(日)20時0分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。