ここから本文です

ユーズニーの途中棄権でジョコビッチが4回戦へ「フィーリングはいいよ」 [全米テニス]

THE TENNIS DAILY 9/4(日) 0:30配信

 アメリカ・ニューヨークで開催されている 「全米オープン」(8月29日~9月11日/ハードコート)の5日目、男子シングルス3回戦。

ジョコビッチが、またもフリーパスをゲット [全米オープン]

 第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は対戦相手のミカエル・ユーズニー(ロシア)が故障により、わずか6ゲームをプレーしたあとに棄権したため、またも最後まで戦わずして次のラウンドに駒を進めた。ジョコビッチは2回戦でも対戦相手のイリ・ベセリ(チェコ)が左前腕の炎症のため、試合の数時間前に棄権したことから不戦勝で勝ち上がっていた。

     ◇   ◇   ◇

 2人の対戦相手の故障のおかげで、ジョコビッチは4回戦進出を果たすのにあまり多くの労力を注ぐ必要はなかった。

 ジョコビッチはコーチのボリス・ベッカー(ドイツ)が注意深く見守る中、アーサー・アッシュ・スタジアムでの練習を長めに行ったのも、筋が通ったことだったろう。彼は、2、3回戦を合わせて31分しかプレーしていなかったのである。

「僕のグランドスラムでのキャリアで、こんな状況を経験したことは一度もなかった。でも(一年の後半という)シーズンの時期と、ここまでプレーしてきた試合数、体に負担がかかっていたことを考えると、こんなふうに数日の休みを手にし、それから短い試合をプレーするというのは、実際、よいことだと思う」とジョコビッチは言った。「その反面、グランドスラム大会の2週目に入ろうというときには、ある程度試合をプレーし、トップ選手に当たる前にセンターコートで時間を過ごしておきたいものだ」。

 ユーズニーはジョコビッチに2-4とリードされていたときに左ハムストリングの故障のため、わずか31分のプレーの後に棄権を決めた。彼はその前にトレーナーから治療を受け、左脚にテーピングを施し、少しの間、続けようと努力している。しかしネットで簡単なオーバーヘッドを決め、第6ゲームでサービスをキープしたあと、彼は頭を振り、主審にこれ以上続けられないと告げたのだった。

 ユーズニーは現在、世界ランク61位だが元トップ10選手であり、2006年と2010年の全米オープンで準決勝に進出していた。

「僕は前に進み、次の試合に集中するよ」とジョコビッチ。

「向上させなければならないことはたくさんある。それがスポーツの美しさだ。毎日が違っている。コート上でのフィーリングは毎日違う、それがチャレンジなんだ。僕は自分のテニスのほとんどすべての面を向上させようと努めている」

「グランドスラム大会の1週目は、明らかに事は100%ではないよ。だから大会を通してそれを向上させていくんだ。でも僕は試合であまりプレーできなかったから、もう一度練習コートで感覚を高めるよう努力する」

 それが彼がやったことだった。試合用の白い襟付きシャツをグレーのTシャツに変えて、ほぼ1時間のトレーニング。ベッカーが傍に立ってボールを投げ、ジョコビッチはサービスを打ち続けた。それから、練習パートナーにサービスを打ってもらい、リターンに次ぐリターンを打ち続けた。

 数百人のファンたちはアーサー・アッシュ・スタジアムに留まり、全米オープンや、今年の全豪、全仏を含め「12」のグランドスラム・タイトルを獲得したジョコビッチを近くで見られる稀なチャンスを楽しんだ。その多くが携帯電話で写真を撮っていたのは言うまでもない。

 ジョコビッチは左手首に痛みを抱えてニューヨークにやって来た。しかし4セットで勝った月曜日の1回戦では、今度は右腕に痛みを覚え、5ゲームをプレーしたあとにトレーナーを呼んでマッサージを受けている。彼はその後も顔をしかめて腕を振り、サービスはいつもよりずっと速度を落としていた。

「腕はもういいようだよ。すべては正しい方向に向かっている」とジョコビッチは言った。「大会の出だしと比べれば、ずっとフィーリングはよくなっている」。

 日曜日にジョコビッチはついに、今の状況を確かめるテストをする機会を得る。彼は準々決勝進出をかけて、世界ランク84位のカイル・エドマンド(イギリス)と対戦する予定だ。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

最終更新:9/4(日) 0:30

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]