ここから本文です

イタリア王者、フランス代表MFを再びロックオン!? 冬の移籍市場に向けて早くも動き出す

theWORLD(ザ・ワールド) 9月4日(日)0時30分配信

冬の移籍市場でも獲得を目指す!?

今夏の移籍市場でユヴェントスは、ライバルクラブから主力選手であるゴンサロ・イグアイン(元ナポリ)やミラレム・ピャニッチ(元ローマ)らを獲得するなど、積極的な補強を行った。そんな同クラブは、まだ夏の移籍市場が締まったばかりだが、冬の移籍市場に向けて早くも動き出しているようだ。

ゼニトに所属するベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルの今夏の移籍が目前で破談となったユヴェントスは、当初獲得を目指していたパリ・サンジェルマンに所属するフランス代表MFブレーズ・マテュイディを冬の移籍市場で獲得するために、再び動き出していると伊『TUTTOSPORT』が報じた。

はたして、ユヴェントスは冬の移籍市場でマテュイディの獲得に動くのだろうか。夏の移籍市場同様に、冬も同クラブは積極的に補強を行うかも知れない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月4日(日)0時30分

theWORLD(ザ・ワールド)