ここから本文です

FLOW・KEIGO アマゾン川で食べたピラニアの味は!?

TOKYO FM+ 9/4(日) 11:10配信

8月24日にダブルAサイドシングル「風ノ唄/BURN」をリリースした、FLOWからKEIGOさん、TAKEさんが、9月3日土曜日、TOKYO FMの半蔵門アースギャラリーに登場、番組に生出演。ゲストの意外な一面がのぞける名物コーナー「ゲストの〇〇チャート TOP3!」で、KEIGOさんが選んだ「今までに行った海外のオススメスポット TOP3!」を発表しました。

【第3位 N.Y.タイムズスクエア】

KEIGO「選んだ3か所とも去年のワールドツアーで行かせてもらった所で、やっぱりタイムズスクエアはテレビでよく見るじゃないですか。その場所に行けたっていうのが嬉しくて、メンバーみんなテンションが上がっていましたね。
どこで写真を撮っても絵になるんですよ! アメコミヒーローの格好をした人もいたんですけど、よくよく見るとクオリティが低くて、マスクをしているキャラなのに、ほぼ顔が見えていたり……(笑)。気が付くと囲まれたりしていましたね(笑)」


【第2位 アルゼンチン・ブエノスアイレス】

KEIGO「去年、南米をいっぱい回らせてもらって、チリやブラジル、ペルーも行かせてもらったんですけど、アルゼンチンのブエノスアイレスはどことも違っていて、街並みがヨーロッパ調なんですよね。
道路も石畳だったりして、南米の中でも異質な感じがしました。でも、とてもキレイでしたね。とにかくお肉が美味しいです!」

TAKE「カロリーの低い赤身肉なので、現地の女性の方でもお昼から400グラムペロリと食べたりしていましたよ」

【第1位 ブラジル・アマゾン川】

KEIGO「ブラジルのマナウスという所でライブをやらせてもらったんですけど、マナウスという場所がアマゾン川流域の町で、ライブをやった次の日にアマゾン川に連れて行ってもらったんです。
“リアルジャングルクルーズ”ですよ! うっそうとした密林の中を進んだり、川の上に建物が建てられているんですけど、そこでピラニア料理をいただいたりしました!
シンプルに焼き魚として食べたんですけど、美味しかったですね」

TAKE「タンパク質が多い白身魚なので、あっさりいただけましたね」

KEIGO「他にも、アマゾン川に住んでいるピラルクというものすごく大きい淡水魚の釣り体験をしたんですけど、
木刀みたいな釣り竿にロープぐらいの糸がついていて、それにエサをつけて釣りましたね。思ったよりも強い引きなので、驚きました」

TAKE「エサとして付けている魚も、『こっちを釣るんじゃないの?』ってくらい大きいんです(笑)。その強い引きも含めて楽しむって感じでしたね」


――TAKEさんのパワーフードは「ささみとプロテイン」!

TAKE「5、6年前から身体を鍛えるようになって、筋トレした分だけ筋肉に変えたいので、ささみとかプロテインは運動の後は摂取するようにしています。やる時はストイックにやりますけど、そんなに長い時間をかけてやるって感じではないですね。
最近はコンビニとかでも美味しいささみが出ているので助かってますね!」


――KEIGOさんのパワーフードは「かじめ」!

KEIGO「千葉の房総で獲れるネバネバ系の海藻なんですけど、オクラとか納豆とかネバネバした食べ物が好きで。ある日、海に遊びに行った時に道の駅にかじめの試食があったんです。そこで食べたかじめのお味噌汁がすごく美味しくて、ネバネバのおかげでトロミのあるお味噌汁になるんですよね。
他にもそのままご飯の上に乗せて鰹節と醤油を垂らしても美味しいです! おススメですね!」

(FLOWのKEIGOさん、TAKEさんは2016年9月3日土曜日、TOKYO FMの番組「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」に出演しました)

最終更新:9/4(日) 11:10

TOKYO FM+

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]