ここから本文です

日本一長い路線バス、村内宿泊で無料に 十津川村

乗りものニュース 9/4(日) 7:00配信

たとえば大和八木駅~十津川温泉間の往復6800円が無料に

 奈良県南部の十津川村が、「日本一長い路線バスで行く心身再生の旅 路線バス往復運賃無料キャンペーン」を実施しています。

混んでいる高速道路はどこ? 渋滞ワーストランキング

 村内の十津川温泉や湯泉地温泉などにある対象宿泊施設に泊まると、十津川村を通る「八木新宮特急バス」の運賃が無料になるというもの。期間は今年11月30日(水)までです。

 十津川村には鉄道が乗り入れておらず、村へはクルマかバスを利用する必要があります。「八木新宮特急バス」は奈良交通が運営する路線バスで、その運転距離は166.9km、停留所の数は167。高速道路を通らない路線としては日本一の走行距離です。

 バスは近鉄の大和八木駅(奈良県橿原市)を出発し、途中で休憩をはさみながら国道168号などを南下、JR紀勢本線の新宮駅(和歌山県新宮市)までをおよそ6時間半かけて結びます。運賃は乗り通すと片道5250円、本数は1日3往復です。

 このキャンペーンの適用を受けるには、村内19の宿泊施設に、5日前までに直接予約する必要があります。「八木新宮特急バス」の大和八木駅~十津川温泉間を往復利用した場合は運賃6800円分が無料に。また、たとえば大和八木駅方面から十津川村に入り、宿泊後、新宮駅方面に向かう片道利用も可能といいます。

 十津川村観光振興課の担当者によると、2011年紀伊半島豪雨の復興支援として、同様のキャンペーンを奈良県が今年3月まで実施。5月から11月までは村が実施し、12月からは再び県が実施する予定とのこと。キャンペーンは「たくさんの方に利用いただいている」といい、「八木新宮特急バス」も観光客の利用が増えているとしています。

乗りものニュース編集部

最終更新:9/4(日) 7:29

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。