ここから本文です

<高校ラグビー>42チーム参加、開会式 花園へ熱戦開幕/埼玉大会

埼玉新聞 9/4(日) 10:30配信

 ラグビーの第96回全国高校埼玉大会(埼玉新聞社など後援)は3日、熊谷ラグビー場で合同4チームを含む50校、42チームの選手が参加して開会式が行われ、開幕した。

 式では前回大会を優勝し、第1シードの深谷を先頭に、同準優勝の浦和が入場行進。慶応志木、立教新座、正智深谷などシード勢が続き、組み合わせ番号順に場内を一周し整列した。

 次に深谷の新井主将が優勝旗、優勝杯を返還した。県ラグビー協会会長の富岡清熊谷市長は「この中で3年後のラグビーワールドカップ(W杯)で活躍する姿を楽しみしている」と激励。最後に慶応志木の小谷田尚紀主将が選手宣誓した。

 大会第1日は10日、浦和工高校など4会場で1回戦14試合を実施。決勝は11月19日、熊谷ラグビー場で行われ、優勝チームが全国高校大会(12月27日~来年1月11日・花園ラグビー場)に出場する。

最終更新:9/4(日) 10:30

埼玉新聞