ここから本文です

Aqua Timez「この地でライブが出来て良かった」、故郷・福島に捧げる「虹」

MusicVoice 9/4(日) 18:10配信

 5人組ロックバンドのAqua Timezが3日、福島県あづま総合体育館でおこなわれた、ボランティア推進プロジェクト『RockCorps』のライブイベント「セレブレーション」に出演。「等身大のラブソング」や「虹」など7曲を披露、熱いパフォーマンスを繰り広げた。

【写真】Aqua Timezのボランティアの様子

 Aqua Timezはこの日、セレブレーションのトップを飾った。最初に披露したのは人気ドラマの主題歌「虹」。<大丈夫だよ♪>という歌詞が印象的で、「苦しみを乗り越えた先に喜びが必ず待っている」という思いが込められた楽曲だ。そして、売上60万枚超という大ヒットを飛ばした出世作「等身大のラブソング」、9月28日発売の新曲「12月のひまわり」などを熱演し、会場を盛り上げた。

 ステージの合間には、報道陣の囲み取材にも応じた。福島県いわき市出身のベース、OKP-STARは「今も日々頑張っている同級生のことを想い出しながらステージに立つ」と意欲を示した。

 福島県富岡町出身のギターの大介は「両親は今も地元に戻れないていない。(避難指示区域のため)夕方までは入ることはできても、そこで寝泊まりは出来ない状態。でも、僕らは音楽しかできない」とし、音楽を通じて被災地を勇気づけていきたい意思を改めて明確に示した。

 Aqua Timezにとって福島市内でのライブは東日本大震災発生後から初めて。今年7月24日には県内で除草作業のボランティア活動にも参加している。大介は「この地でボランティア、ライブができて本当に良かった」と感慨深く語った。

 『RockCorps』は、4時間のボランティアをおこなうと、「セレブレーション」というライブイベントを鑑賞できるボランティア融合型音楽フェス。日本開催第3回目の今年は、高橋みなみが公式アンバサダーを務め、ASIAN KUNG-FU GENERATIONやHY、大黒摩季が出演した。(取材・松尾模糊)

■Aqua Timezセットリスト

虹(ショート)/等身大のラブソング(ショート)/We must/12月のひまわり/生きて/because you are you/決意の朝に

最終更新:9/4(日) 18:10

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]