ここから本文です

ももクロが防災を学ぶ。「大地震、家の中で安全な場所は?」

TOKYO FM+ 9月4日(日)17時0分配信

「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」略して“ハピクロ”。ももいろクローバーZが贈る、“教養エンターテインメント・プログラム”です。毎週、様々なジャンルのプロフェッショナルな先生たちが登場して、「○○学」と題した、聴けばつい誰かに話したくなるアカデミーを開講中です。
2016年9月4日(日)は、「家族で備える防災学」のハピクロ・アカデミーを開講。
先生は、災害危機管理アドバイザーの和田隆昌さん。
海、山のアウトドア雑誌編集者の経験をお持ちの和田さんが、アウトドアの豊富な知識を活かして、わかりやすく親しみやすい災害時の危機管理のノウハウを、クイズを織り交ぜながら教えていただきました。

──”災害時に備えておくべきこと”


清野:各ご家庭で日ごろから備えておくべきこと、物、これは一体何なのか? 先生に教えていただきたいと思います。

和田先生:地震の場合は寝室で怪我をしたり、亡くなられるケースが多いんですね。
例えば、自分が寝ている所に物が落ちてこないようにするとか。窓ガラスが割れないように夜はカーテンを閉めるとか、ほんのちょっとしたことだけで、リスクを下げることが可能になりますね。

かなこ:私、最近タンスの位置を変えました! 倒れた時に、自分に当たらない位置に移動させたら安心もしますし……あと、愛犬周りも気を付けてます。

清野:百田さん、けっこうやってますね。

かなこ:お母さんと衣替えをした時に”危なくないようにしよう”という形でやりましたね。

清野:あと、”もしもの時にどこで待ち合わせをしよう”とか、そういう話もされたんですよね。

かなこ:ですね。私は仕事で、正直どこにいるかわからないので。

和田先生:待ち合わせ場所を家族同士で決めておくこと、そして連絡方法は大事ですね。
携帯は1~ 2日使えない可能性が高いですから、インターネット回線のLINEや、Facebook、Twitterで連絡を取れるような状態にしておくことも重要ですよね。
みなさんあまり知らないですけど「171」という災害時の緊急連絡用の音声の録音システムがあるんですけど、1回かければ音声案内が流れますので、「ここにかけておいてね」と言えば、普段、LINEとかFacebookを使えない人でも利用できます。

ももか:なるほど!


──”現代のサバイバルツールとして欠かせないスマートフォン”


かなこ:非常時の持ち出し用バッグってありますよね。
あれは、どんな風に準備しておけばいいんですか?

和田先生:市販で非常用持ち出し袋とか売ってると思いますが、一般の人は、まずそれを買って、プラス何が必要かっていうことを考えればいいと思います。
本当に必要になるのは、そこで半日とか過ごせるものがあればいいんですけど。
個人で絶対に必要なものがあるわけですよ、メガネ、コンタクトの保存液と洗浄液がないと困る人もいますよね。

1/4ページ

最終更新:9月5日(月)9時40分

TOKYO FM+

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。