ここから本文です

例年より大玉で甘い 呉羽梨「豊水」の出荷始まる/富山

チューリップテレビ 9月4日(日)0時59分配信

 ナシの産地・富山市呉羽地区で、収穫が終わった『幸水』に続く主力品種『豊水』の出荷作業が、2日から始まりました。

例年より大玉で、甘みがあるということです。

富山市吉作のなのはな農協呉羽梨選果場では、収穫されたばかりの豊水が、次々と生産者から運び込まれたあと、品質ごとに選別され、箱詰めされていました。

豊水は、甘みに加えて少し酸味がある濃厚な味わいの品種です。

県の富山農林振興センターによりますと、今年は、好天に恵まれたことから順調に生育し、例年よりも大玉で、糖度も13.5度と、やや高めだということです。

豊水の出荷のピークは今月9日から11日ごろで、出荷量は去年より多い380トンを見込んでいます。

2日出荷された豊水は、3日からスーパーの店頭に並ぶということです。

チューリップテレビ

最終更新:9月4日(日)0時59分

チューリップテレビ